焼肉!ジンギスカン の 羊肉ラムとマトン <美味しいジンギスカン鍋>

ジンギスカン 肉

美味しい焼肉、ジンギスカン 肉

ジンギスカン鍋のラム肉・マトン肉お取り寄せ



閲覧用QRコード

「ジンギスカン」スマートフォン/モバイル閲覧用QRコード:http://genghiskhan.f-is.com/
「ジンギスカン 肉 -ラム・マトン-」をスマホ/モバイルで見る スマホ/モバイル用QRコード


ジンギスカン料理


ジンギスカン鍋の知識 ジンギスカン料理は羊肉の焼肉料理です。

北海道・岩手県遠野市・長野県長野市信州新町で郷土料理や郷土食として有名です。

羊肉はヘルシーで鉄分が多く含まれています。
さらに脂肪の燃焼を助けるカルチニンが多いのでダイエットに有効かもしれません。

家庭で本格的にジンギスカン(焼肉)をする場合は専用のジンギスカン鍋を用意します。

(一部wikipediaより引用)


ジンギスカン鍋の知識 羊肉の種類(ジンギスカンの肉の種類)

ラム(Lamb)、やわらかいので食べやすくクセも少ない、世界各国の料理法で食べられています。
子羊、生後12ヵ月未満
ホゲット(Hogget)、ラム、マトンの中間でバランスが良く美味しい。
生後12〜24ヵ月未満
マトン(Mutton)、若い肉と比較すると歯ごたえがありコクのある味で美味しい。、中年以上の日本人に一番馴染みのあるのがロール肉(丸い肉)のマトンです。
生後24ヶ月以降

(羊肉の種類/分類については国や地方により歯の数で決めるなど違いがあります。)

日本で一般的に販売されている種類は、 ラム>> と マトン(ホゲット+マトン)>> で冷蔵(生肉)と冷凍があります。
国内の産地を除いて一般的に小売販売されているのは、輸入品の冷凍羊肉がほとんどです。
味付け肉や ロール肉(丸い肉)>> も販売されています。 丸い肉販売リスト>>
主な肉の産地はニュージーランドやオーストラリアで、国産の羊肉は供給量が少なく高価です。

* 味付け肉

味付け肉の内容量についてご注意。
例えば、1kgの味付け肉でしたら、実質的な肉の重さは60〜70%前後になり40〜30%前後が味付けのタレです。
生肉の重さの感覚で購入すると、物足りない事になります。


ジンギスカン鍋の知識 初めてならジンギスカンセット>>

初めてご家庭でジンギスカンを食べる場合、ジンギスカンのセットがお手軽です。
簡易鍋から本格的な鍋付のセットもあるので手間無し簡単です。


ジンギスカン鍋の知識 ジンギスカンの専用鍋>>

本格的なジンギスカン鍋に挑戦する場合は、ジンギスカン専用鍋が欠かせません。
鋳物製の鍋がベストと思いますがお手軽な電気鍋(グリル鍋)や軽く手入れの簡単なアルミ鍋(フッ素/テフロン加工の鍋)、更にIH(電磁調理器)対応鍋もあります。


ジンギスカン鍋の知識 ジンギスカンの専用タレ>>

ジンギスカン鍋には専用のタレが各種販売されているので、その味を試してみてはいかがでしょうか。



ジンギスカン鍋の知識 羊肉のお取り寄せ>>

ジンギスカン鍋や羊肉料理により使われる肉の各部位を選択します。
味や食感の違いを楽しめますね。

残念ながら国内では地域によりますが、家庭での料理(ジンギスカン 肉)用として新鮮で良質のラムやマトンの入手が難しい場合もあります。
特に家ジンギスカン初心者の場合、商品の価格よりもクセの少ない肉選びに徹した方が貴方とご家族が幸せになれると思います。
羊肉初心者の方は、袋入りの味付け肉を選択するのもいいと思います。

信頼・実績のある専門店からのお取り寄せに頼るしかありませんね。


焼肉!ジンギスカンの羊肉ラムとマトン、スポンサードリンク



ジンギスカン肉インフォメーション

ジンギスカン 肉 -ラム・マトン-



ジンギスカン検索リスト





Copyright© ジンギスカン 肉 -ラム・マトン- All Rights Reserved.